緊急事態宣言解除へ期待

2021年は通常の生活をしつつもほとんどの日が緊急事態宣言かまん延防止期間となり事業は著しく悪化しました。私たちは飲食店といっても、お酒の提供も時短制限もないので、いわゆる協力金等はございません。協力金のあるなしに関わらず、飲食に関わる店舗の多くはお客様に「食」をご提供することを生業にしており、私たちのようなんおべんとう屋も企業様のセミナー・会議・集会・ロケが中止になったり、業務に携わる働く方を最小限にすることで、お弁当の発注も最小限のご注文にとどまることが多くなりました。

また、多くの飲食店が酒をご提供できなくなったことで、テイクアウト需要を増やし、供給するお客様が分散していることも大きな要因となりました。

もちろんコロナ禍はまだまだ終わりを見せませんが、新しい生活様式を取り入れ、工夫をしながら少しずつ前進していく道を模索していくことに賛同してまりたいです